ウィブル証券株式会社

ChatGPTや生成AIを学び放題 未経験者専用 タノメルキャリアスクール(23-0911)

個別銘柄投資戦略 投資日記

投資日記 10/27 (野村不は決算で下落/KOUSAI絶好調だがSCREENは?割安/エンプラスの決算)

株式会社DMM.com証券

TOPIX +1.37% MYPF+3.9% 本日ほぼオールグリーンで久々の含み益大幅プラス

  • 昨晩の米国株式市場は弱かったが、引け後のアマゾン・インテルの決算を受けて、日本株は底堅い展開となった
  • 業種別では、最近売られていた海運が上昇率トップ、原油や非鉄金属・鉄鋼など素材産業も強かった。日銀の金融政策への思惑?から銀行が強かった一方、相対的に不動産は弱かった(特に前場)

野村不動産(3231):決算で売られる

  • 昨晩100株だけPTSでエントリーした野村不動産。決算発表を受けた本日の株価は大きく下落した
  • 見た目は増収増益でコンセンサスより上だ。下げた理由は、海外(ベトナム)事業が想定より悪く、前期比で減益となり、赤字に転落したことが嫌気されたと考えられる。減益分は、国内の物件売却収入でカバーしている
    • ベトナムの失速が一過性のものなのかどうかがよくわからない。海外では住宅ローン金利が上昇しており、成長著しい東南アジアとはいえ、需要のモメンタムが減退する可能性があるのかもしれない
    • ただ、短期的には反発期待できそうと判断したため、本日買い増した

KOKUSAI(6525)強い!けどSCREEN(7735)も割安?

  • 個別ではKOKUSAI(6525)が続伸。元々調整後PERx21あたりで公開価格を決定したと思われるが、本日の株価は2,664円(調整後PERx24.4)と絶好調だ。日本を代表する半導体製造装置銘柄(レーザーテック・ディスコ・TEL・アドバンテスト)は軒並みPEx30超だ。そこまで評価されるのかはわからないが、少なくともPEx25程度(2,730円)までは上昇しそうな雰囲気だ。よって本日買い増した
    • バリュエーションの詳細については、過去のKOKUSAIの記事①記事②を参照
    • 本日岩井コスモ証券がカバーを開始した模様。目標株価2,730円とのこと。今期調整後PERx25を目線においたという点では、筆者と同じだ(原文を読んでいないた、x25の根拠は不明)
    • ここまでKOKUSAIが買われると、SCREEN(7735)の割安感が際立ってきたように思う。SCREENのPERはx12程度。KOKUSAIの2分の1だ。。液晶製造装置、印刷機器などがディスカウント要因になっているのかもしれないが、SCREENはエントリーしても面白そうだと感じる今日この頃だ

エンプラス(6961)通期業績を下方修正

  • 引け後にエンプラスの2Q決算発表があった。1Q決算発表後に株価が急騰したため、今回の決算を注目していた
    • 本日、ショートで決算跨ぎ勝負しようと考えたが、直前で怖気づいてとりやめた(根性なしの自分を嘆きたい)
  • 2Q決算では半導体事業部門の不調を要因に下方修正している。ICソケット需要の調整局面が想定以上に長引いているとのこと。同業の山一電機(6141)は1Q決算で業績予想を取り下げて株価が急落していた
  • 週明けの株価は、下方修正をうけて売られそうだ(現時点でPTSは大きく下落)。ただ、デジタルコミュニケーション事業のAI用途の光レンズは1Qに続いて2Qも好調のようだ。また、今期は先行投資で赤字のライフサイエンス事業だが、来期黒字化を目指している状況
  • 仮に1️⃣来期半導体事業の業績が底打ち、2️⃣ライフサイエンス事業の来期黒字化、3️⃣AI関連の光レンズが来期も伸長の3点が揃えば、株価は大きく上昇するポテンシャルがあるように思う
    • 1Q決算では3️⃣の利益貢献の大きさがサプライズとなって株価が急騰した経緯がある
    • 今後株価が一段高するには、来期以降の3️⃣の成長率が重要な鍵を握りそうだ(回答を得られるかわからないが発行体に問い合わせてみたい。面白い回答が得られたら、どこかのタイミングで押し目買いを検討したい)

Follow me!

auカブコム証券

X(旧Twitter)のフォローお願いします

-個別銘柄投資戦略, 投資日記

PAGE TOP