ウィブル証券株式会社

ChatGPTや生成AIを学び放題 未経験者専用 タノメルキャリアスクール(23-0911)

投資日記

投資日記:1/23(明日はニデックの3Q決算)

株式会社DMM.com証券

TOPIX:-0.11% MYPF:ドルMMFを取り崩したため+0.1%。実際は-1.3%

  • 前場は中国政府の株価対策の報道の影響もあり高値をつけるが、お昼休み(日銀会合結果公表)を挟んで一転下落基調に
  • 業種別ではヘルスケア・医薬品・食品などのディフェンシブ銘柄が強かった。前場はトヨタも強かった(上場来高値)
  • 後場に入り、半導体関連は利益確定におされた。一方、中国関連銘柄(オムロン・NIDEC・ファナックなど)や電子部品(京セラ・村田)は相対的に強かった。銀行株(メガバンク)も日銀会合後は底堅い動きとなった
  • 本日の半導体関連株の新高値銘柄:味の素(2802)、ディスコ(6146)、ローツェ(6323)、オルガノ(6368)、日本ピラー(6490)、三菱電機(6503)、富士電機(6504)、KOKUSAI(6525)、堀場(6856)、アドバンテスト(6857)、日本マイクロ(6871)、レーザーテック(6920)、日本電子(6951)、理研計器(7734)、SCREEN(7735)、HOYA(7741)、信越ポリ(7970)、RYODEN(8084)、リョーサン(8140)、テラプローブ(6627)
    • 本日後場に入り利益確定におされたが、陽線で終えた主な銘柄は、ソシオネクスト、レーザーテック、日本電子、HOYA、理研計器、野村マイクロ、富士電機、味の素

明日はNIDECの3Q決算発表

  • 明日は、NIDECの3Q決算発表が注目される。前回2Q決算では中国のEV事業が市場の期待を大きく下回り、株価は急落した
  • 昨年来、中国関連銘柄でTOPIXをアンダーパフォームしている主な銘柄はファナック、オムロン、NIDECだったが、年末以降ファナック・オムロンは底打ちしている
  • NIDECが突出してパフォーマンスが悪い状況が続いている
  • 現在来期コンセンサスベースの予想PERはx17.8まで低下してきている。バリュエーションの観点では、よいエントリーポイントかもしれない
    • ファナック、オムロンの来期コンセンサス予想PERは其々x33.0、x27.7だ
  • ただし、信用買残は高止まりしており、需給の好転にはもう少し時間がかかりそうだ
  • ダウンサイドは限定される?ため、明日打診買で決算を跨ぐのも面白いかもしれない

Follow me!

auカブコム証券

X(旧Twitter)のフォローお願いします

-投資日記

PAGE TOP