ウィブル証券株式会社

ChatGPTや生成AIを学び放題 未経験者専用 タノメルキャリアスクール(23-0911)

投資日記

投資日記 12/8(空運3社の株価を比較:スカイマークの株価は復活するのか?)

株式会社DMM.com証券

TOPIX -1.5% MYPF -0.5% 半導体比率が高いPFのため、今日はマイナス幅はマイルドであった

  • 植田日銀総裁のチャレンジング発言をきっかけに円高が加速
  • マイナス金利解除の恩恵を受けそうな銀行セクターは総じてプラス。一方輸出関連の代表格である自動車・タイヤは下げが厳しい
  • 不動産も金融政策変更はマイナスに働くため、下げがきつかった
  • 半導体は、AMDがAIチップを発表したこと、ブロードコムの決算が良好であったこともあり、相対的に底堅い展開であったが、新高値をつける銘柄はなかった

空運株3社の年初来株価の比較

  • 空運3社の年初来からの株価推移を比較してみると大きな特徴がある。スカイマークが圧倒的にパフォーマンスが悪い。PER、EV/EBITDAもJAL/ANA対比で割安だ
  • インテグラルが発行済の13%相当の株式を鈴与グループに譲渡したことから、目先の市場売却リスク(ディスカウント要因)は低下したと思われる。鈴与が主要株主になっても株価には影響がなかったが、今後の鈴与GR参加のFDAとの協業のようなニュースフローが出てくればポジティブ材料になりえる
  • 一方、中期的には国際線を持たないスカイマークは、成長性の観点からはJAL/ANAに劣後しており、ディスカウント要因となっている可能性もある
  • 今後、原油安の恩恵をうけるだろう3社だが、スカイマークの株価の出遅れ感が解消していくのか否か注目していきたい

Follow me!

auカブコム証券

X(旧Twitter)のフォローお願いします

-投資日記

PAGE TOP