ウィブル証券株式会社

ChatGPTや生成AIを学び放題 未経験者専用 タノメルキャリアスクール(23-0911)

個別銘柄投資戦略 投資日記

投資日記 10/19 (長期投資はMagnificent7のETF買い一択?)

株式会社DMM.com証券

TOPIX -1.36% MYPF -3.6% 主力株が大きく売られた

  • 本日は鉄道株が買われた。昨日の訪日外国人数の影響?潜在的な値上げ期待?テクニカルリバウンド?複合的な要因と思われる
    • 鉄道株のなかでも相対的に西武(9024)、小田急(9007)が強い印象だ。レジャー関連の要素が強い銘柄は買い?
  • 米長期金利が連日話題となっているが、日本の10年国債金利も上昇傾向だ。日銀の早期マイナス金利解除観測も燻るなか、意外と不動産株は底堅かった。三菱地所(8802)の買い増しをするべきか、考えたが本日は見送ることとした。金利先高感に鑑みると銀行株は強気スタンスを継続したい
  • コメ兵(2780)は昨日の投資日記の通り、4,000円割れもありうるので、持分の半分を損切りした。残りは長期で握りしめておくつもりだ
  • それにしてもマザーズ銘柄は投げ売り相場が終わらない。トライト(9164)は-6.8%で安値更新、CUC(9158)も同様だ。トライトはバリュエーション的に安いと思うが、この需給環境では手がでない。同業のSMS(2175)も昨年6月の安値を割ってしまい、底が見えない状況だ。中小型株の強烈な下げを目の当たりにした1日だった
  • 本日経産省から貿易統計が公表されている。自動車・自動車部品の輸出が好調であることが、確認できたが、株価は全く無反応であった。今後の車関係の決算は期待できそうな内容だが、リスクオフ相場においては、そんなの関係ねぇとなってしまうのだろうか。。ニチリン(5184)、FCC(7296)、スミダ(6817)を保有している身としてはどうしても期待してしまう
  • 半導体株は、米中貿易規制でNvidiaが急落、ASML、Lam Researchは決算後に株価急落というながれを受けて、軟調に推移した。ただ、夕方に公表されたTSMCの決算は市場予想を上回ったことから株価は反発。流石に明日は半導体株は上昇しそうだ

米金利がピークアウトしたら買いたい銘柄:MGK/QQQ

  • 長期でみるとなんだかんだいってMagnificent 7が最強だと思う今日この頃
  • 個別株で7銘柄を買うのもありだが、長期積立投資であればETFを活用するのが現実的だ。その際にはMGKが最有力候補になりえる。MGKはMagnificent7の組入比率が5割を超えている。S&P500をベンチマークとしているETFの2倍組入比率が高い
  • 過去10年を振り返るとNASDAQ100のパフォーマンスが最もよかったが、今後はMagnificent7が他を圧倒するストーリーにベットするならばMGK一択となるだろう
  • 子供が資産運用に関心を示しているが、流行りのオルカンやSP500ではなく、エッジの効いたMGKかQQQを推奨したいと思う

Follow me!

auカブコム証券

X(旧Twitter)のフォローお願いします

-個別銘柄投資戦略, 投資日記

PAGE TOP