ウィブル証券株式会社

ChatGPTや生成AIを学び放題 未経験者専用 タノメルキャリアスクール(23-0911)

IPO,PO関係

マースグループHD(6419)のMSワラント:行使状況と株価の推移

株式会社DMM.com証券

  • 6月に発行された当社のMSワラントは賛否両論あったが、その後の株価推移と行使状況について調べてみた。そもそも当社が発行したMSワラントの概要や評価については、下記の記事を参考いただきたい
  • 当社の株価は、8月から9月にかけては底堅く推移したため、順調に行使が進んでいたが、9月以降は一転株価が軟調に推移したため、行使のスピードは急減速した
  • 残念ながら11月に入り、株価は2,500円を割り込んでしまった。本ワラントの下限行使価額は2,300円。ディスカウントが8%あるため、2,500円を下回ると行使がとまる
  • 現時点で35.9%は行使済みだが、残り64%相当の株式(=約160万株)は、2,500円を超えてくると行使される可能性がある
  • 従って2,500円以上の価格帯では、ワラントの行使が警戒されるため、当面は2,500円が大きな抵抗線になる可能性が高い
  • 以上を踏まえると、今回のワラントでの調達は、期待した金額の3分の1程度に留まりそうだ。このままワラントを放置すると、上値が重くなる
  • そもそも本当に資本増強必要なの?という議論のあった案件だ。潔く残存するワラントをキャンセルすれば、株価は大きく反転するかもしれない。今後、発行会社がどのような対応をするのか引き続き注目していきたい

Follow me!

auカブコム証券

X(旧Twitter)のフォローお願いします

-IPO,PO関係
-, , , ,

PAGE TOP