ウィブル証券株式会社

ChatGPTや生成AIを学び放題 未経験者専用 タノメルキャリアスクール(23-0911)

個別銘柄投資戦略 投資日記

投資日記 9/27 (来週以降のニチリン反発に期待したい)

株式会社DMM.com証券

TOPIX ➕0.32% MYPF ➕1.3% 不動産株に加え、好業績銘柄(マクニカ・コメ兵・ライフドリンク)がプラスに貢献

  • 本日、朝方はNY株式市場を受けて全面安の様相だったが、午後切り返した。日経225、TOPIXともにプラスで終えた。安くなったところで、9月末の中間配当権利取りの動きが活発化したものと思われる
  • 医薬品・不動産・石油関連が相対的に強かった。一方、海運・電力・鉄鋼が弱かった。個別では、マクニカ(3132)が連日の年初来高値を更新
  • 理研計器(7734)は、7/4の高値に接近してきた。中国半導体向けが好調のようだが今の所、地政学リスクは意識する必要はないようで、株価は堅調だ(このまま目立たず静かに上値を切り上げて欲しい)
  • 本日は、サイバーエージェント(4751)の優待クロスを実施した。500株以上保有していると12ヶ月分のABEMAプレミアム無料クーポンを入手できる。Mリーグを見る上でABEMAプレミアムは必須アイテムだ
    • 肝心の株価は、下方トレンドを脱せずにいる。流石にロングポジションは取りにくいので、現物買いと同時に空売りして価格変動リスクをヘッジした
    • ゼビオ(8281)も優待目的で保有しているが、PBRはx0.38だ。下方リスクは限定的と考えているので、現物のみ保有
  • 本日CUC(9158)は反落したが、(調子に乗って)買増した。当面は押し目は積極的に買い向かいたい
  • SMS(2175)ショート、トライト(9164)ロングのペア・トレードは、今日の段階では狙い通りの展開だ。トライトに関しては、CUCと似ていてIPOして間もない会社だ。下値を模索する株価形成となっているが、SMS対比バリュエーションが割安とみている。今後、SMSとのバリュエーション・ギャップは縮小すると予想している。従い、引き続きSMSをショートしつつ、トライトをロングするつもりだ。本日時点では、トライトのロング・ポジションを増やしており、SMSのショートポジション以上にトライトをロングしている

ニチリン(5184):そろそろ反発か

  • ニチリンは、今年に入り綺麗な上昇トレンドを描いている(下チャート参照)
    • 今年に入り、20MAをサポートに既に5回反発している
    • RSIが50%を割り込みそうなタイミングで株価は20MAに接近する。その際には、押し目買いが入り、結果的にRSIは50%超を維持できており、力強い上昇トレンドを継続している格好だ
  • 本日は、20MAをギリギリ維持できた(RSIは50%割れ)
    • 本日の20MAは、3,030円に対して終値は3,025円(一時2,982円まで下落し、20MAを割り込んだが反発)
  • 来週以降、6回目の反発を期待したい
    • 今週は、四半期末の週に該当するため、自己株取得は実施できないが、来週以降自己株取得は再開されるため、需給面でサポート材料となる
    • 今期の業績も2Q時点で経常利益の進捗率は63%に達しており、順調に見える。直近は3期連続で3Q決算発表時に業績を上方修正している。今期も、上方修正を期待したい
      • 当社の下期の想定ドル円為替レートは135円(現状149円)

Follow me!

auカブコム証券

X(旧Twitter)のフォローお願いします

-個別銘柄投資戦略, 投資日記

PAGE TOP